日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。
ガッツポーズするサラリーマン

【サラリーマン】仕事ができる人の心得と特徴は何か?

Pocket
LINEで送る

「あいつは仕事ができるから」という話ってよく聞きますよね?

じゃあ仕事が出来るってどんな人だと思う?

やちぞう
僕の同僚のA君はものすごく仕事が早いんだよ。
どんな仕事でもぱっと終わりにしちゃうんだ。
 
 
やちこ
私の先輩のBさんも丁寧な仕事でお客様にすごく人気があるわ
 

2人の言っていることも十分に正解だよね。合っているとも会っていないともいえる。
でも「仕事ができる」ってそう考えるとすごくあいまいじゃないかな?

では、普遍的に「仕事が出来る」って事は何なのか考えてみよう。



仕事ができる人とは?

先生
では?本当に仕事が出来るとは何でしょうか?

 

もしあなたがお店で働いているのであれば「レジ打ちが速い」「品出しが速い」「接客が上手」などでしょう。もしあなたが営業の仕事であれば「よく売る」「お客様の受けが良い」「クロージングがうまい」などがなどでしょう。

それぞれ業種により仕事ができるという定義は異なるでしょうが、どれも正解ではあるかと思います。ただ、どれも経験によるものが多く業務内容が変わったりすると一変します

仕事ができるって主観では?

やちぞう
コメント

そう考えると「仕事が出来る」って基準があいまいだよね。
誰にとっての仕事が出来る? あれ?よくわからなくなってきた。

彼は仕事が出来るねという部長、しかし隣の部署の部長は彼はいまいちだな…と言っています。
もしかして、お互いの部長の好みで決まっているかもしれません。

やちこ
なんかそう考えると仕事のできるできないなんて立場と主観によって変わるわね
 

そう考えると、仕事ができるというのは非常にあいまいな言い方なのではないでしょうか?言い換えるとその人の主観次第とも言えますね

成果の出やすい仕事への心構え

そう考えると仕事が出来るにはどうすればいいのかという事ですが、
一般的に経験で補えない場合には下記のような能力を身に着けると仕事の成果が出やすいと言われています。

お客様(上司・仲間)が何を求めているか瞬時に察知し行動する能力

 

 

やちぞう
何を求めているか?ってことか。あ、お客様のニーズを理解するってこと?
 

まあ、半分当たってるかな

お客さまや上司が何を思っていて何を期待しているかを、瞬時に理解して行動できるという事だね
具体的にこの能力を発揮できる人は、業種が何であろうと比較的早く成果が出やすいんだよ
どの人でも「仕事が出来るな」って思うってこと。

 

やちこ
たしかになんでも先回りして仕事が出来る人って、売上成績もいいし当然業務スピードも速いし社内でも段取りが上手だわね。
 

そう、相手の事をちゃんと考えているということは、営業であればお客様の事を考えているし社内スタッフでも、お願いする人の気持ちを最優先に考えられているということだよね。

やちぞう
でも僕読心術もないし、勘もあまりよくないから、無理そう…
 

では、この能力を付けるにはどうすればいいのでしょうか?

この能力には「仮説力」が必要です。

会議などでも、部長がどんな意図で発言しているのだろう。鈴木さんはこういう意図でこう思っているんだな色々な事に仮説を立てて考えるようにするのです。仮説→検証を繰り返すと、物事の先が少しづつ理解できるようになり、周りの動きが読めるようになります。

また、仮説力を鍛えると、業務の組み立てや先のシミュレーションなども立てやすくなります。コンサルティングなどを行う場合には必須のスキルです。

やちこ
へえ、「仮説力」だね。わかったわ、色々な事を想定して動くってことね。
もう、もぐらたたきみたいな仕事はいやだから、もぐらを「仮説力」を鍛えることで心を研ぎ澄ませてして待ち構えてバンバンたたいてやるわ!

 

うーん、何かちょっと違うけど(笑)



まとめ

・「仕事ができる」というのは主観的なものが多い

・成果を出すには「仮説力」が大事

Pocket
LINEで送る