日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。

隙間時間を活用して目標を達成させるチリツモ技

Pocket
LINEで送る

今年こそ何か新しい事を始めよう!

仕事で新しいチャレンジをしてみよう!

といったものの結構な割合でみなさん続かないのではないでしょうか(失礼)?

そしておそらく皆さんがいうセリフは分かっています(失礼)

時間がなかった…

ただ、1日は誰でも24時間です。

時間がないと思ってみても、よーく時間を棚卸してみると、以外と細切れの時間が多いはずです。

何かを待っている時間だったり、移動時間などよく考えてみたら隙間の細切れ時間って意外と多かったりします。

特に今日はバタバタしていたのに何をしていたんだろう?

なんて日は、隙間時間だらけだった日なのかもしれません。

今日はその隙間時間を有効に利用してあえて目標を達成する方法をか考えていきましょう。

時間も有限です、お金と同じようにすこしづつ貯めていけばそれなりの時間になります。

隙間時間を有効に使う技を考えていきましょう。



目標達成の方法にこだわりすぎていませんか?

それではみなさんがダイエットを決意したとしましょう。

ダイエットに挫折した方になりきってください。

残念ながら1か月以上続きませんでした。

なぜ続かなくなってしまうんでしょうか?

ジムスペース

 

1.予定をして時間をとらないと動けない

2.すぐ結果を求めすぎている。

3.形にこだわりすぎている。

予定をして時間をとらないと動けない

ジムに入会したらジムの時間は予定として入れないといけなくなりますね。

一般的には外に出てジムに向かい着替えてトレーニングをしてシャワーなどを浴びてまた着替えて帰宅するというルーティーンは一定の時間を取られるわけです。

あえて数時間取って予定を入れてないといけないと思うと時間がない=出来ないとなってしまいます。

こうなると時間がない日はなかなか足が遠のきますし、特に体重があまり変わってないと思ってたりすると余計に足が遠のいてしまいます。

すぐに結果を求めすぎている

ジムに入会して、さっそくマシーンとスタジオではりきってトレーニング。

やり切った気持ちで帰宅さっそく体重計にのって「あれ?減ってない」

2回目も「あれ、全然変わらない」あれ?トレーニング後に食べたこ焼きかな?

全然減ってないからテンション下がるわーでそのままジムも続かず…

意外とありますよねこのパターン。

投資話でも副業でもすぐに結果を求めようとすると大抵失敗します。

そんなうまい話はありません。

ダイエットにしても、日々の積み重ねでだんだん体重が増えていったのに一気には減りません。

一気に減らすようなダイエット方法は体のどこかに必ず影響がでます。

世間はこの感情を利用したビジネスがたくさんあります。

「すぐに~・楽して~」のワードは基本世の中にはないと思っていたほうがいいです

形にこだわりすぎている。

ジョギングするのにテンションを上げるために新しいシューズを買おう、トレーニングウエアはこれを買おう形から入っていく方がいらっしゃると思います。

たしかにそれを買うことによってテンションが上がるということは否定はしません。

ただダイエットの「体重を落とす」という行為にシューズとウエアは直接関係しません。

そのウエアとそのシューズを履かないと運動しないというのであれば、実質の運動時間は思ったより少ないはずです。

意外と時間を使ってる割には効果があまり見えないとやはり続かなくなってきますよね。

 

以上の点から、全体的に形にこだわりすぎていると大抵時間がなく続かない事が多くなります。



隙間時間をつかって目標達成をする方法

3つの方法を提案します

1.時間がないなら寄せ集めの時間を使おう。

2.隙間時間なら長く続けることができる。

3.形にはこだわらず純粋な運動時間を考えてみよう。

時間がないなら寄せ集めの時間を使おう

ジムに行く時間ですが、前述のとおりある程度まとまった時間を取らないといけません。

ただ実質の運動時間は1時間~2時間ほどしかありませんので、隙間時間で同じような運動量を確保することもできるのではないでしょうか…

・歯磨き時間やテレビを見ながらスクワット

・オフィスや駅のエレベータを階段に

・駅まで早歩きで

・電車では必ず立ち、気持ちつま先立ち

・着替える部屋にダンベルを置き、着替える前にダンベルを使う

 

これを1週間続ければかなりの運動量になります。

あえてジムに通わなくても続けやすく効果がだんだんと見えてくるはずです。

 

隙間時間なら長く続けることができ、かしこまってジムに行く必要がないので長く続けることができます。
無意識のうちに運動量が積みあがって少しづつ効果が見られるようになってきます。
ダイエットは長期戦ですので、細切れでも運動習慣を積み上げることで、あえてジムにいかなくても一定の効果が見られます。

形にはこだわらず純粋な運動時間を考えてみよう。

いいトレーニングウエアやシューズを履かなくても運動効果にはあまり影響はありません。

大会レベルのスポーツなどを行うのでしたら話は別ですが、ダイエットなどでしたら普段着のながら運動でも習慣レベルでのコツコツ細切れの隙間時間運動を積み上げることで効果が得られます。

せっかくジムに行ったんだからちょっとくらいいいよねと帰りにスイーツなどを食べてしまったりしたら

運動分のカロリーがチャラになりかねません。



まとめ

これはダイエットだけではありません。

受験勉強などでも塾に通わなくてもこのような隙間時間を積み上げることにより合格を勝ち取った人も多くいます。

努力は費やした時間に比例する物が多いので時間がないと言わずほんのちょっとの隙間時間を有効に使い積み上げていくようにしましょう。

Pocket
LINEで送る