日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。

謝れない人の心理とは?

Pocket
LINEで送る

みなさんの周りで「謝れない人」はいませんか?

迷惑を掛けたら謝りましょうって子供の頃教わらなかったのかと疑問に思うほど謝らない人です。

上司であればまだプライドや立場もありますから百歩譲っても謝れないのは何となくわかりますが同僚や後輩などが迷惑をこうむっても謝ってこないのは本当に腹が立ちますよね?

自分がいくら迷惑をかけられても謝罪の言葉があればまだ許せるのに…

しかし彼は最後まで謝らない…

あー余計に腹が立つわ!!! という経験をしたことがある人は多いでしょう。

しかし何をしても謝れない人がいるのは何故でしょうか?

謝まるとお金を取られるのでしょうか?それとも謝らない教に入信しているのでしょうか?

さて、今回はそんな「謝らない人達」の心理を考えていきましょう。

その人たちの心理を見ればまだ許せる?かもしれませんよ。

なぜ謝ることが出来ないのか?

結論から言うと自分に自信がないからです。

自信がないならすぐ謝るのでは?と思ったでしょうが実は逆です。

なぜそうなのか考えていきましょう。



謝らない人の心理とは?

自信が無いならすぐ謝るでしょう?と思うのが素直な疑問でしょう。

謝る人=非を認める強さ 謝らない人=非を認めない弱さ

ええ? もう何を言っているか意味が分からないって?

謝れる人は素直にあやまりを認めて責められても仕方がないという覚悟を決めているからです。

それが自分の責任が無くても堂々と謝れるという強さであり自信があるからです。

では謝れない人の心理とはどのようなものでしょうか?

なぜ謝れないのでしょうか?

大前提として当然皆に迷惑をかけたり間違えたことをした事が誰から見ても明らかな場合に限りますよ。



謝ると負けだと思っている

「謝ったら負け」

子供時代筆者もよく父親に言われてました。

引いたら負けだぞ!と。

ただ残念ながら親の教えを守らずに日常的に謝ってばかりの筆者です…

欧米の方などと交渉する時は負けを認めると交渉に負けるなんて聞いたことはありませんか?

でも日本人ましてや社内の人間に欧米人のような交渉技術はいらないと思うのですが…

おそらく謝らない本人はここで謝ったら周りが皆自分の責任にされると思いこんでいます。

ですが残念なのは日本人は「謝らないこと」そのものに腹を立てている人が多いという事です。

ただ、残念ながら謝れない人は謝罪が無いこと自体に怒っている事に気づくことは無いでしょう。

それはそうです、責任回避に精一杯なのですから。

まさに自信の無さの表れです。



自分も同じ被害者の立場だと主張している

あと謝らない人の大きな特徴は自分も被害者だという事を主張したいのです。

僕のせいじゃないんですよ…と言いたい必死の弁解です。

例えばあなたが営業の仕事をしていたとします。

商品配送の部門がミスをしてお客様から発注を頂いた商品が納期通りに届きませんでした。

お客様はもうカンカンです。

さあ、担当としては謝らなければいけません…が謝れない人の場合は開口一番こうなります。

「いやー うちの配送がやらかしまして… こっちも参っているんですよねー」

たまにいませんか?お前どこの会社の人間やねん!?みたいな人

まずは冒頭で会社組織の担当として会社の責については謝罪を述べるのが職責としての務めなのですが

社外の人にこんな言い訳をすれば火に油を注ぐ結果にしかならないのにそれよりも「自分」の責任回避に必死です。

自己防衛=自信が無い>組織人としての自覚という公式が出来上がっています。

これは社内の人間であろうと社外の人間であろうと関係がありません。

自分のプライドの高さと自信の無さが露呈していますね。

マウント取り

マウント… まあこの言葉かとうんざりした人もいるでしょう。

相手より下の立場になってしまう問う事を極端に嫌う人種です。

先ほどの謝ったら負けという立場に近いですが、この場合は責任回避というよりもあなたより下の立場になりたくないのです。

厄介なのは自分が悪い事をしたという自覚があっても謝らないという事です。

自分より上の立場と思っている人に対して迷惑をかけたら速攻で謝罪します。

関連記事

あなたのまわりにもちょっとくらい黙って話聞けないの?という人がいるでしょう。何を言ってもつっかかって来て上からかぶせてくる人です。あー すごいすごい だからちょっと黙っとけ!と腹も立つでしょう。そう、マウント人間です[…]

マウント

そもそも悪いと思っていない

普通謝んない!?とイライラしたところで無駄です。

そもそも謝らない人は自分が悪いとは思ってないのです。

その人自身に自覚が無ければそりゃ謝ってもらえることはありませんよね?

自分が相手に迷惑をかけているという感覚が無い人はその傾向があります。

昔からなんでもしてもらって当たり前だと思っている人や相手が自分に手間暇をかけてくれて当たり前だと思う環境で育ってきた人はそうなります。

いわゆる「姫」もしくは「王子」みたいなあだ名がついてしまう人です。

姫や王子に申し訳ないと思ってもらうのは至難の業です。

「ごめん」の基準が高い?人です。

謝られなくて腹が立ったらどうすればいいのか?

さて、謝らない人の心理を理解したと所でこんな人種に謝ってもらうのは至難の業です。

じゃあ謝りもしない奴らに天誅を!と思った所で何も変わりません。

じゃあこのモヤモヤとイライラをどうすればいいのよ!?となりますよね…

じゃあもう私も謝らない人には絶対謝らないから!一歩も引かないわよ!!と対抗してしまったら何も変わりません。

ちっぽけな自尊心を必死に守っているかわいそうな人だと思っておけばいいのです。

大丈夫、あなたが思った嫌な感じは周りの人も同じように感じているはずです。

周りに「〇〇さん(謝れない人)に逆に迷惑をかけちゃったみたいで怒らせちゃった…」みたいに言っておきましょう。

仲間も同じような事を思っていれば「そんなことないよ!」って共感してくれます。

本人に謝ってもらえなくても誰かにわかってもらえれば少しは楽になるはずです。

そして謝れない人からそっと離れていきましょう。

いやいや、離れられれば世話ないよ…というあなたには

逆に嫌われるのを覚悟でダルがらみしていきましょう。

いじゃないですか、もう

謝らない相手に逆に過剰に謝っていくのです。

謝らない相手は自分が謝らない事を少し後ろめたく思っていながらも謝れないのです。

自分が本当は悪いと思っていながらも相手が謝ってくると自分が苦しくなってくるはず。

謝る=非を認める=自分が不利な立場になっても構わない=気持ちの強さなのです。

ここで謝らない人が自分が有利になったとほくそ笑んだところで周りがそれを認めません。

そもそも悪いと思っていない類の人以外は試してみる価値がありそうです。

謝られない事にこだわらない

人の気持ちを重んじる心優しいタイプの人や礼節を重んじるように教えられた人はこの「謝らない」人には特に腹が立つでしょう。

ただ、この手の類の人は知らず知らずのうちにそれなりの境遇になっていきます。

あなたがしつけようと思わなくていいでしょう。

そんな人に「謝れ!」と言ってもし謝らせたところできっとあなたの気持ちは収まらないでしょう。

こういう人にはもうそのままでいていただき、いつか本当に謝らないとただでは済まない状況で学習してもらえばいいのです。

あなたの貴重なエネルギーはほかの機会に温存しておきましょう、無駄な怒りエネルギーには使わないでください。

関連記事

このタイトルを見て思わずこのブログを開いてしまった方。今日も仕事でミスをして上司に怒られた。私ダメだなあ…と落ち込みながら読んでいるのではないですか?ただ、そう思いながら読んでおられるのであれば仕事が出来ないとあまり[…]

まとめ

謝れない人はこんな人達です

・自分に自信がなく自分が不利な立場になる事を恐れている人
・またそもそも悪いと思っていない感度の低い人
・謝れ!と思うのはエネルギーの無駄、ダルがらみするくらいで丁度いい
Pocket
LINEで送る