日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。
悩む店長

【派閥争い?】新入社員を盾にする社長とベテラン社員達

Pocket
LINEで送る

再就職支援会社から紹介されて入社した旅行用品店

社長の「ぜひあなたのような人に来てほしい」という言葉に騙され感動してしまった私

店長に会えないまま入社を決めましたが、またしても大きな試練が待っていました。

この会社は店舗としては老舗の専門店でしたが、中途入社した部長が支配していたのでした。

関連記事

フリーターとして気持ち的にこのままでズルズルいきそうになったところを何とか支援員さんに紹介してもらい就職先が決まった私。社長さんに「あなたのような人を待っていた」と持ち上げられこの旅行用品の店に決めました。 […]

一歩通行

社長でも手に負えない部長、私は部長の味方?として店長として入社したのですが立ち位置がわからず迷うだけ

社長側と部長側に挟まれた私さてどう立ち回っていくのか

どちらも私も引き込もうとしています。なんでこのような抗争に巻き込まれてしまったのでしょうか…



バカばっかりだからちゃんとしつけてくれよな

入社して、店長に今の状況を聞かされた私、実質この店を支配している部長は私が味方だと思いこんでいます

というか私を使ってさらに支配体制を強化しようとしているのです。

確かに昔ながらの店舗で入社後ずっとこの店で何十年と過ごしてきている人達です、単品管理?POS?※と今の店舗では常識となっている仕組みもあまりわかっていないようでした。

※POS(単品管理システム)レジでバーコードをピッとする今ではごく当たり前の商品管理

 

いまだに在庫管理を紙で正の字でつけているようなところです。

ただ同じ小売り出身の私から見たら接客はさすがなところがありますが、やはり百貨店のようにあか抜けない所があります。

うーん、確かにいまだに効率が悪い管理方法です。

 

一言で言えば「昭和からタイムスリップしてきたような社員」でバブル時代に入社してそのままの勢いで来た感じもします。

このご時世に3世代位前のダブルのスーツにペイズリー柄のネクタイでオールバックみたいな懐かしい恰好で店頭に立っている年配社員もいる。

私はどうやって年下の新入社員が上司として指導すればいいんでしょうか?

 

ある日部長に手招きされて個室に呼ばれます。

部長様は個室を用意されています。

というか上層部の部屋に社長が一緒にいたくないとこの部屋に入らないのです。

いわば独裁者の部屋へ招き入れられます。

 

部長はきょうも朝礼で現店長を皆の前で罵って彼なりには最高のスタートを切ったはずです。

私へおもむろに切り出します。

 

部長
どうよ!? 慣れた?
ほんとにここの社員達どうしようもないだろ!?
バカばっかりで困ってんだよ。

 

 

 

ええ、まだ全部はよくわからないですけど
商品管理方法などは前時代的だなって思います。
お店の皆さんについてはまだ何とも…
なんとなく直感的に従業員について私が一緒になって否定したらダメだと思いました。
というか私まだ聞かないと何もできない情けない店長見習いですからね。
部長が少しイラついた感じで私に言いました。
やちこ
服装もだっせーし頭悪いし化石みたいなやつらだろ
バカばっかりだからちゃんとしつけしてくれよな!
たのむぜ。
その後延々とこの店の理想について語られましたが、今の段階の私に言われたところで何が出来るというのでしょうか?
この段階で売上と従業員のレベル向上が大命題といわれてもね、まだ泳げないのに目標タイム明示されたのと一緒じゃん…



よくわからないです

現状は今の店長(退職予定)につきっきりで指導してもらっていますが入社半月で店長以外とほとんど会話が出来ていません。

私が店長に着任後売り場主任が数人いますが私より10近く年上の数十年間この店一筋で勤務してきたような人達です。

休憩室から楽しそうな声が聞こえてきます、私が挨拶して入ると会話が止まります。

質問しても「さあ…よくわからないです。」とつれない返事。

スパイ扱いにでもされているのでしょうか?

 

明らかに部長の手先扱いじゃないですか…

 

部長は店長を呼びつけ怒鳴りまくる声が聞こえてくるし、店舗で少しでも従業員が私語が聞こえたら部長が出てきて従業員をにらみつけるなどもう店舗としての雰囲気も最悪です。

しかし誰も何も決して逆らうことなく全面服従です。

こんな地獄のような雰囲気で売上の向上など見込めるはずがありません。

 

もう退職する店長には部長の手先ではないと言ってあるのに、皆のよそよそしさを考えると私が部長の知り合い枠になっているようです。

この孤独感と部長からのプレッシャー、店長になるプレッシャー、まだまだ知識の無い自分へのいら立ちなど色々な思いが襲ってきます。

ただ、部長と同じ扱いにされたくない。

俺はあんなんじゃない…



え?あいつが呼んできたんじゃないの?

とにかく店長になってからこれではまともに店舗運営もできません。

というか私を店長にさせること自体がとんでもない事です。

最低でも奴の手先ではない事をちゃんと説明しないといけません。

次の日から皆が黙ろうとよそよそしくされようと皆にやたらと絡み始め警戒心を解かないといけません

店のみんなに「部長ってどうなんですか?」とやたら聞きまくってみます。

 

だんだんスパイ扱いから私が部長に対しての想いを知ったのか皆少しずつ警戒心が解けてきたようです。。。

ただみんながこういうのです。

 

先輩
部長をなんとかしてください
お願いします!

10歳も下の新入社員に何を頼んでくれるんだと思いました。

新入社員が店長にされ、そしてベテラン社員達にも盾にされようとしています。

たのむ、何とかしてくれ

ある日社長に呼び止められました。

夜私の歓迎会と会長に挨拶に行くという事です。

会長は社長のお父様でこの会社の創業者で高齢ですのでご自宅に隠居しています。

業務終了後に私は連れられ会長の自宅に伺いました。

 

会長は私をねぎらい励まされましたが、社長がここで信じられない一言を会長に

 

社長
彼が部長と戦ってくれます。
これ以上うちの従業員を辞めさせるわけにはいきません。
彼は部長並みの経歴と計数管理ができますから部長とも対峙できます。

 

はあ?

会長は私を見て、小さくうなずき「頼むよ…」と私に言いました。

帰りの車で社長は私に言いました。

 

社長
僕が社員に売上管理や店舗管理の基本をなにも教えてこなかった
売上も何もしなくても上がっていたからね。
だから僕も含めて部長に太刀打ちできないんだ。
このままだと傍若無人な部長のせいで皆辞めてしまう。
たのむ、何とかしてくれ!
あーあ、またやったよこれ

ある意味期待の新人だろうけど、こんなの嫌だ!って面接でこうなているってなぜ言わない??

といったところで後の祭りでした。

もう辞めたろかな

わからなくなっているサラリーマン
今回はよく言えばかなりの人気者で迎えていただきありがたいです。
重圧にもほどがあります。
ただ、商品知識がついてくるにしたがって社長が言っていた部長が怒り狂う理由もわかってきました。
ひとまず社長にこれだけお願いされれば少し頑張るしかありませんが
やがて部長との長い闘いに入っていくための序章でした。

まとめ

・管理職での転職は何かしら難易度が高いものである。
・転職先では面接で状況をよく確認しよう
・人的流動性がない会社のベテラン社員は時が止まっている
常に自分で勉強して進化することが必要です。
しかしこの後部長が怒り狂う化石社員達の実力を思い知るのです。
次回記事

転職早々店長を任されると言われ部長と社長の争いの真っただ中に放り込まれた私。部長にはバカ従業員を何とかしてくれと言われ、社長には部長をなんとかせいと言われて私は入社して早々難しい立場に立たされてしまいました。そもそも面接で「[…]

確認
Pocket
LINEで送る