日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。
ストレス

仕事がしんどいのに期待に応えようと無理した若手の末路

Pocket
LINEで送る

無事新店をオープンさせて本社に戻ってきました。

前回記事

オープンまであと3か月の所で、店舗の構想図1枚のみを残して疾走してしまった我が上司。その上司の本部長ももうどうしていいかわかりません。私にどうする?とひたすら詰めるのみ。前回:【深刻】上司と合わない毎日、そして土壇場の疾[…]

上司に逃げられながら1人で店舗をオープンさせた私。上司の評価が下がっていくのと裏腹に相対的に私の評価が意図せず上がっていきました。まさに同情以外の何物でもありません。

錯覚資産以外の何物でもないのに、勝手に期待値が上がり追い詰められていきます。その心労の上に家庭の混乱に巻き込まれ、とうとうダウンしてしまいました。



勝手に評価してもらえる展開に

本社ビル

いきなり復帰した上司はさすがに社内でもタイミングが良すぎではないかと懲罰委員会が開かれ、現部署を外されてしまいました。

私は本社に戻ると皆に本当に大変だったねと厚くねぎらわれ、ちょっと過剰ではないかと思うほどでした

これは紛れもなく疾走した上司への当てつけだったのでしょう。

その嫌われた上司への同情票を集めた私は意図せず今度のミッションは、写真屋のメイン事業であるプリント事業担当というおおよそ商品企画部の中で一番売り上げが多い部門の担当を任せられることになりました

当社の売上の7割を占める部門の担当です。

数百億円の売り上げが自分の企画でどうなるかが決まる部署です。

入社して5年、初出勤に遅刻をして店長にため息をつかれた日が昨日の事のようです。そして理不尽?な転勤を繰り返し、上司に逃げられてようやくこの位置につきました。



プレッシャーと嫌味と激務の毎日

みんなを見返したとか、来るところまで来たぞ!なんて調子に乗っていたのは最初の半月くらいまででした。

とにかく業務量とプレッシャーが半端ではありません。

商品の企画、メーカーとのコラボ、PBの企画、資材の管理など、一つでも落とせるものはありません。

特に資材の管理などは倉庫のアラートを一つ見落としたりイレギュラーの発注を見落とし資材を切らそうものなら店舗営業に大きな支障を与えますので、営業部から鬼電がかかってきます。

このころの写真業界は生き残りに必死の時期。

企画に寄せられる期待は大きく、本社のダメ企画のせいだと批判されることも会議や参加した営業部の会議で言われることもしばしば。

1番つらかったのは元の上司や店長仲間に「お前は本社様になって店の気持ちがわからなくなったな、変わったよな」と言われること。

営業部は「お客様」という錦の御旗を振りかざして、すべてを正当化しようとしてきます。

こっちは上層部のお偉いさまや親会社様の経営的な意向も忖度しないといけないのですよ。

まさに板挟みの毎日。交渉、調整、お願い。皆のイメージする花形よりよっぽど地味な作業やお願いや根回しなどが続きます。

残業が続きあきらかに実力不足です。

上司が逃げた時もそうでしたが、1人で何とかしなければという思いが強く、また自分の実力不足という焦りからか、ますます追い詰められていきます。



実家から電話、戻ってこい

忙しくしていると、実家の母親から仕事先に電話が入りました。

「お父さんの会社がもうダメかもしれないから今すぐ来て」

私の父親は小さいながらも会社を営んでいました。最近は会社の調子は良くないと聞いていたのですが。

まさかここで?え?仕事中という言葉もよそに母親のただならぬ気配に早退し実家へ。

実家に帰ると父親は朦朧としていました。

「もうダメだ…」しかも最後の借金の運転資金の数千万円をを一発逆転で投資で増やそうとする暴挙に出てすべて無くなってしまったようです。

倒産は逃れられないとしても、借金がどうなるのか私にはよくわかりません。

金額といえば東京で狭小一軒家買える位の金額です。

連帯保証人?そんな言葉が浮かびました。。もし父親が返せなければ私が背負うのではないか?

勿論私は一筆書いた覚えはありませんが、そんなの何とでも書けますよね。

恐る恐る父親にこれって連帯保証人って俺じゃないよね?と聞いてみましたが、答えは

「しるか!」

父親の精神状態は尋常ではありません。

何度聞いてもまともに答えられる状態ではありませんでした

人生終わった・・・と私は気が遠くなりました。

そして立てなくなりダウン

限界の絵

仕事でも限界に近いのに、数千万の借金を肩代わりさせられる?仕事はやめられない、いや更にバイトしないと返せないじゃないか?俺が何を悪い事をしたんだ?これからの人生どうしたらいいんだ?もう結婚もできないぞ!会社の調子のいい時は散々いい思いしておいてろくに給料も家に入れなかった癖になんだそれ?息子にに迷惑をこれだけかけておいて恥ずかしくないのか?

様々な思いが頭の中をぐるぐる回っています。

その後何日か、私も朦朧と仕事をしていたのでしょう。

ずっと終わったという気持ちが頭の中をぐるぐる回っていました。

いま会社を辞めたら、いや、ついていけなくてクビになったら人生が終わる。終わる。。。。

その後の何日か、会社には行けましたが、打合せでも会議でもうまく言葉が出てきません。

これからどうしよう・・・・

そして大事な営業会議の日の朝、目が覚めても布団から起き上がれません、というか体が拒否しているようです。

体と頭がつながっていないというか。。頭がボーっとして何もやる気が起きません。

行かなきゃまずい… しかし時計は家を出る時間を過ぎています。

まとめ

・厳しくなったら周りにちゃんと助けを求めましょう。

・苦しいと周りが見えなくなりがち、そういう時ほど視野を広めに

次回記事

商品企画部でピンチをのりきった私ですが、勝手に期待値が上がっていきました。できもしない事がうわさレベルで勝手にできる事にされています。とうとうオーバーヒート立てなくなった私の診断結果はというと「うつ症状」休職を余儀なくされたのです。[…]

ベットから出れない男性
Pocket
LINEで送る