日々頑張るサラリーマンへ少しでも仕事が楽になるコツと方法をお伝えします。

上司が大事にしたくなる部下はこんな人

Pocket
LINEで送る

皆さんは上司に気にいられていると思いますか?

まあ媚びたくはないけど、気に入られている方が仕事がスムーズに進みやりやすくなります。

まあ認められていると思うけど… という感じの方が多いのではないでしょうか?

中には同僚は上司をうまくやっているのに、どうも私にはきつく当たってくるなと不公平感を感じている人もいるのではないでしょうか?

であれば上司に何らかの原因で認めてもらっていないのかもしれません。

同僚のあいつは成績もよくないのに何で上司のお気に入りなんだろう…と思う事もあるでしょう。

それは、上司も結局は人だからです。

今日は上司に媚びたくはないけど好かれておきたいあなたの為に上司のお気に入りになっている人の特徴をお伝えします

参考に出来るところはしてくださいね。



上司が嫌な部下のタイプを知ろう

信用できない部下

上司から頼まれた仕事に対して、約束の期日が何度も守れなかったり、報告や連絡などを怠たりがちではありませんか? 

いちいち上司が心配げに何度も進捗を確認してうるさいなあ…と愚痴をこぼしていませんか?

これは実は上司も同じことを思っているはずです。

上司があなたの仕事ぶりを信用していないからです。

指示を待っているだけの部下

上司からの指示待ちになっていませんか?

あなたが社会人の場合は上司がある程度どのような仕事を指示してくるか予測して準備をしておく事や

もしくは自分なりに課題を見つけて上司に提案するなどの行動をしておくべきです。

いちいち上司が何かを指示しないと動けないというのであれば上司はあなたの仕事ぶりを認めることはありません。

上司の補完ができていない

上司の悩みを解決できていますか?

上司と言えど万能ではありませんし得意不得意があります、もしあなたから見て上司の不得意な一面を見つけられて自分が補完できそうであればそこを積極的に助けてあげましょう。

上司の補完をすることにより上司もあなたを頼りにして手放せない存在になるかもしれません。

あなたより上司がすべて勝っているのであれば、あなたが上司に重宝されることはないでしょう。

上司に気に入られるちょっとの努力とは?

上司に気に入られるというとなんだかごますり的な感じになりますが、そうではありません。

あなた自身が会社で気分穏やかにいられるには上司に気に入られている事に越したことはないのです。

信頼関係

上司の動きを少し気にする

上司の動きを少し気にしましょう

上司が自分の事を見てくれない…って上司はあなたの親ではないのです。

上司は基本自分の事を見てくれていないと思って逆に上司を見てやっている位に思っていましょう。

その中で上司が困っているな、何かをしたそうだなという時に何かできないかな?ど何か提案をしていきましょう。

今時の上司はハラスメントと言われることを気にして部下の動きを気にしながら仕事の依頼を遠慮していることなどがあります。

そのようなときにさっと気配りができるようになると、上司もあなたを認めてくれる様になります。

上司ができないことをできるようになる

上司がわからずやだからちょっと俺がガツンといってやるよ!

と啖呵をきって上司に向かって言ったとしましょう。

もし上司があなたに何一つ負けないスキルを持っていたとしましょう。

であれば上司はきっとあなたにこういうでしょう。

 

「嫌だと思うなら違う道もあるんじゃない?」


そうならないように、何か1つでも上司より出来るスキルを勉強して身につけるといいでしょう

特にPCスキルなど、上司が不得意としているところをさりげなく手伝ってあげたりしてください。

そのうち何かとあなたを頼りにしてくるようになるでしょう。

とはいえ、頼られ過ぎには注意ですが・・・

上司との約束は守る

これは基本中の基本ですね。

上司への提出期限は守る、何度も同じ注意を受けない。報連相を適宜行うなどを着実にしていけば確実にあなたの信用信頼は増し認めてもらえるはずです。

特に何度も同じミスを指摘される場合はあなたがもし上司になって何度も同じミスをしていたらどう思いますか?

これは上司を認めていないのと一緒です。

荒っぽい言い方をすると許してもらえると思って舐めているのです。



信用ボックス=ブランド力

一度信用を無くしてしまうと、何をしてもなかなか信用を取り戻すことが大変になります。

逆に信用ができると少し何かしでかした位では「たまに間違うこともあるよ」もでお咎めが無い場合も多いです。

これは「信用ボックス」というものです

最初にこの中に区別されれば簡単には出されることはありません。

貴方のブランドと信用が確立されるのです。

間違えても、まあたまには仕方がないよね…と言われたりします。

反対に信用ボックスの中に入れなければよほどの信頼を得なければ入ることは難しくなります。

信用・信頼=ブランド

これは仕事だけではなく、対人関係すべてに通じるスキルです。

世間に通じるブランドがなぜ信頼を得ているのかにも通じる部分がありますね。

お客様のためにコツコツとためてきた信頼がゆるぎないブランドとして愛されているのです。

あなた自身のブランドを高めていきましょう。

関連記事

あなたは別にそんなつもりもないのに上司に「やる気ないの?」という言葉を浴びせられた事はありますか?おそらくまた言われた…と思う事の方が多いのではないでしょうか?え?もう気にならないよというのであればそれはそれでいいのですが、[…]

やる気がない
関連記事

皆さんは上司に質問した際に「ちょっと意味が分からないんだけど…」「で、何をすればいいの?」と言われるような事はありませんか?上司に勇気をもって質問したのに、そんな言い方しなくても…とショックを受ける事もあるでしょう。そん[…]

OKサインを出す上司
Pocket
LINEで送る